築150年の歴史ある古民家

HOME > 私たちの使命

オーナー敷地600坪の古い家。壊さず手を入れて、地域の皆さま方にご利用いただけるようにしました。


 敷地600坪、築150年以上の古い家屋と蔵。福島県会津若松市の市街地から少し外れた所に我が家があります。現当主は十二代目になりますが、代々の大家族の営みも今は、家族3人だけの暮しになりました。広い敷地と家屋の維持は、ややもすればもてあますことになりかねません。しかし「壊さずに手を入れて、次に繋げていきたい」という想いから、地域の皆様に使って頂こうと考えました。
 そこで地域の方々やご縁があった方々をお招きし、自家栽培の有機野菜を使って郷土料理を食べて頂いたり、足や腰に痛みを抱える方のための健康セミナーや、若い方のための癒しにとアーディストを呼んでのミニコンサート、またお客様のリクエストに応じてお茶会や生け花教室、そして海外から留学生を招いての田舎暮らし体験等々、様々な会合やイベントを開催し、これまでに500人以上の方をお迎えしました。自宅を開放しておもてなしをし、参加された方々にはこの場所から夢や癒しを見つけてもらいたいと思っております。そうして私達もまた、皆さんから教えてもらう…。人と人の交流のなかに互いを元気にするものがあると思います。
 お客様から喜んでもらう中で、私達も食の大切さを学ばせて頂きました。これからもお客様に来て頂くことで、一人でも多くの方々にこの想いを伝えていきたいと思っております。


Old house of 600 tsubos on site.Without destroying and putting the hand enabled everybody in the region to use it.

I, Masashi Dokko, am the owner of Kominka Restaurant and the 13th generation of Dokko family to live on this property and proud to share my ancestral home with you.

The first generation of our family Myogen Dokko settled in this area during early 1600s. Kominka Restaurant Dokko retained the original form of Ko (Old) Minka (People’s House) refers to traditional Japanese dwellings built around the 1850’s. Our traditional Japanese house and garden give a distinct flavor where you will find comfort for every season.

We would like to introduce our signature dish of “Jinenjo” (Japanese Yam) and taste of fresh organic vegetables. We are proud to share colonial tradition from our family to yours.

独鈷の由来とは…

独鈷

インド古来の武器で、密教では人間の内なる煩悩を払う目的の法具です。
日本には、奈良時代から平安時代にかけて中国から伝わったとされ、護摩などの密教の儀式で用いられます。

↓古民家レストラン「独鈷」が自信をもってお奨めするお献立を紹介いたします↓

↓ご予約・お問合せはお気軽にどうぞ↓

お電話の受付はAM9:00〜PM6:00とさせていただきます

ページトップに戻る